シャンプー

『2021年最新』縮毛矯正で傷んだ髪に良いトリートメントとシャンプー

縮毛矯正をしたけど髪の毛が傷んでしまったという人は世の中にたくさんいます。

縮毛矯正は美容室が提供するサービスの中でも特に難しい技術で、専門的な薬剤や毛髪に関する知識、塗布やアイロンによる技術力、そして様々な髪質に対応できる経験値が必要です。

この記事を読んでいる方の中には

  • 今までずっと縮毛矯正をしてるから痛み続けてる
  • 先日行った美容室で縮毛矯正して失敗されて痛んだ
  • 毛先がうねってきたから毛先まで縮毛したらチリついた
  • 縮毛矯正したのに全体的にゴワゴワして広がりやすい

このように、それぞれ縮毛矯正の痛みの原因の違いによって、ベストなトリートメントは変わってきます。

そんなあなたに、ケースバイケースで縮毛矯正の痛みに適したシャンプー&トリートメントを紹介していきたいと思います。

縮毛矯正の痛みの原因

縮毛矯正で髪の毛が痛む原因がいくつかあります。

美容室の施術中に起こるダメージもあれば、自分自身で痛みを広げているケースもあります。

美容室での髪へのダメージ

  • 還元剤による痛み
  • アイロンの熱処理による痛み

この二つが主な縮毛矯正から受ける髪の毛の痛み原因です。

縮毛矯正で使用するこの還元剤は、髪の毛の内部にあるシスチン結合を一度切り離す際に必要な薬剤であり、髪の毛への負担が大きいプロセスです。

髪の毛のダメージが大きくなる要因として、技術不足の美容師による毛髪判断、選定薬剤のミスや、放置時間が長すぎによるダメージが主です。

縮毛矯正に使用するアイロンの熱処理ですが、髪の毛を還元剤で軟化させた後の髪の毛はとても敏感な状態です。

その敏感になった髪の毛に対し、設定温度より高温度によるアイロン処理、引っ張りすぎのアイロン操作による物理的ダメージなども大きな要因になってきます。

縮毛矯正による髪の毛への負担は、髪の表面だけじゃなく、髪の毛の内部に薬が大きく作用するから痛みやすいんです。

自宅で起きる髪の毛への痛み

縮毛矯正は見た目は艶のある綺麗なストレートヘアになりますが、見た目とは逆に髪の毛の内部はダメージを負っています。

その状態の髪の毛に対して

  • 紫外線によるダメージ
  • 冷暖房によるダメージ
  • 自宅で使用するシャンプー剤によるダメージ
  • 自宅で使うアイロンやドライヤーによるダメージ

このように、縮毛矯正した後の髪の毛は毎日様々なダメージにさらされています。この状態が続くと、綺麗な状態でストレートになった髪の毛は、ダメージによって痛み出し、パサつきや広がりやすくなってきます。

縮毛矯正で痛んだ髪が失った成分とは

ではここかからは、縮毛矯正で痛んだ髪の毛にどんな成分が必要なのか解説していきます。

縮毛矯正で痛んだ髪の毛に必要な成分が入っていないシャンプー&トリートメントを使用しても効果を感じることができませんよね。

この成分を知ることで、シャンプー&トリートメントを購入する際に、ボトル裏の成分表を見ながらあなたの髪の毛にとって必要な成分が入っているのかどうかを判断できるようになります。

髪の毛の基本知識

健康な髪の毛と痛んだ髪の毛の比較図

上の図を見てみて下さい。

髪の毛は3つの構造から成り立っており、表面にあるキューティクル、内側にあるコルテックス、そして髪の毛の芯となるメデュラで作られています。

健康な髪の毛の場合

健康な髪の毛の場合、髪の毛の表面を守っているキューティクルが一枚一枚が重なり合っており、その隙間を埋めるようにCMC(細胞膜複合体)と呼ばれるの内部に水分や油分が入る際の通り道を作る成分が接着剤の働きのような機能をしています。

痛んだ髪の毛の場合

痛んだ髪の毛の場合、ダメージによる影響からキューティクルが剥がれ落ち、接着剤として働いていたCMCも流出し、それが原因で髪の毛の内部成分(ケラチン、NMF)などが外へ出てしまう事で、髪の毛の内部が空洞になりパサつき、広がりや切れてしまったりします。

髪の毛の内側には保湿効果の高い物質が入っており、肌や毛髪の水分を一定に保とうとしています。それらの物質群を天然保湿因子(Natural Moisture Factor) と呼び、その頭文字をとって「NMF」と呼ばれています。

痛んだ髪の毛が欲している成分とは

痛んだ髪の毛に必要なのは、内側から流出したケラチンなどのアミノ酸成分やNMFなどの保湿成分

そして剥がれたキューティクルをもう一度整えるためにCMCの補給が必要になってきます。

縮毛矯正による痛みで髪の毛が扱いにくくなっている状態の場合、毎日使うシャンプー&トリートメントでしっかりと栄養を入れてあげて、髪の毛への刺激が少ないものでお手入れをする必要があります。

美容室で1ヶ月、2ヶ月に1回のトリートメントより、毎日使うシャンプー&トリートメントでしっかりとケアをしてあげる方が髪の毛が良くなりますよ。

縮毛矯正で痛んだ髪の毛に最適な洗浄成分と補修成分

縮毛矯正で痛んでしまった髪の毛に、普通のシャンプーを使い続けるとよりダメージが進行して髪の毛がバサバサになったり、切れてしまったりする可能性があります。

上の表にあるように、シャンプーは洗浄力の強さが別れています。

洗浄力が強すぎる高級アルコール系のシャンプーで洗うと、洗浄力が強すぎ&刺激も強いので髪の毛への負荷がかかってしまいます。

痛んでしまった髪の毛には、洗浄力が弱いベタイン系や程よい洗浄力があるアミノ酸系を使用するようにしましょう。

痛んだ髪の毛に優しいアミノ酸系やベタイン系の洗浄成分

アミノ酸系やベタイン系の洗浄成分であれば、痛んだ髪の毛にも優しく毎日使用するシャンプーとして一番お勧めできる洗浄成分です。

上の表のように、アミノ酸系シャンプーの中でもそれぞれ洗浄力や泡立ちに違いがあります。

それぞれのアミノ酸系シャンプーは、洗浄力や泡立ちがちょうど良いようにそれぞれの配合量を調整しながらシャンプーが作られています。

配合割合のバランスが悪く、洗い上がりが悪いシャンプーもあります

シャンプー剤を選ぶ際はこのアミノ酸系成分が入っているものを選ぶようにするといいです。

シャンプーボトルの裏に記載されており、水の後に記載されている2つ目と3つ目の成分をチェックするようにしましょう。

タウリン系

成分:
ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNa、ココイルメチルタウリンタウリンNa、ミリストイルメチルタウリンNa、ステアロイルメチルタウリンNa

特徴:
バランスの良いタイプなので、適度な洗浄力でさっぱり洗え、泡量が少ない点が少し気になりますが重くなりにくいのでさらっとした仕上がりに。

アラニン系

成分:
ココイルメチルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンTEA、ココイルアラニンTEA、ミリストイルメチルアラニンNa

特徴:
適度な洗浄力と良い感じの泡立ちなので、アミノ酸系の中でもとってもバランスが良い成分です。

グリシン系

成分:
ココイルグリシンNa、ココイルグリシンK、ココイルグリシンTEA

特徴:
アミノ酸系の中でも洗浄力が強く、泡立ちもいいですが少しきしみを感じやすい

グルタミン系

成分:
ココイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸k、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸k、ラウロイルグルタミン酸TEA、ミリストイルグルタミン酸Na、ステアロイルグルタミン酸Na

特徴:
アミノ酸系の中でも洗浄力や泡立ちは控えめなのでしっとりとした質感に仕上がるので、まとまりを良くしたい人にお勧め

アスパラギン酸系

成分:
ラウロイルアスパラギン酸Na、アシル(C12,14)アスパラギン酸TEA

特徴:
適度な洗浄力で、泡ちも悪くないのでバランスが良くて使いやすい成分

痛んだ髪の毛に必要な補修.保湿成分

痛んでしまった髪の毛は、外側にあるキューティクルも剥がれてザラザラした質感になり、内部のタンパク質が流出する事で髪の毛の内部が空洞になりハリやコシのない弱った髪の毛になります。

セラミド

髪の毛の保湿剤やバリア機能を維持する役割、整ったキューティクルを保つ成分として髪の毛にとって効果の高い成分です。

PPT

そんな髪の毛にはPPT(ポリペプチド)と呼ばれるタンパク質を補給してあげると、髪内部のダメージホールをカバーしてくれて髪の強さや保水力をアップしてくれるのでパサつきやまとまりを改善してくれます。

ぺリセア

アミノ酸系の補修成分ペリセア(ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)は、髪の毛への浸透がとても速く、
髪の表面の補修効果もあるので、傷ついて剥がれかけたキューティクルをくっつけて閉じてくれる働きがあるんです。

リピジュア

高級な保湿成分リピジュアは、ヒアルロン酸の2倍の保湿力がある成分です。

髪のキューティクルを守り、水分をキープ、そしてツヤやハリコシをアップさせてくれるので毎日使うシャンプー&トリートメントに入っていると効果が高いです。

縮毛矯正で痛んだ髪にオススメのシャンプー&トリートメント

月に一度美容院でやるトリートメントより、毎日髪の毛に良いシャンプーやトリートメントを使う方が髪の毛の状態が良くなります。

特にドラッグストアなどで購入した物を使っていると、せっかく美容室でトリートメントしても洗浄力が高すぎて持続期間が短くなります。

毎日使うシャンプー&トリートメントが髪の毛にとって優しく作られて、かつ美容院で体験できるような補修成分が入っていれば自宅でも扱いやすい髪質にしていくことが可能なのでぜひ使ってみてください。

ダメージしたキューティクルをヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)が補修し、オリーブ油(オレイン酸)がCMCを、そしてオーガニックオイルが毛髪表面のコーティングを向上させてくれます。
毛髪内部補修剤として補修効果が高いペリセアが内部を補修しながら表面のバリア機能を強化、そしてヘマチンが髪の毛のハリやコシをアップしてくれるので毛髪補修力はかなり強いです!!
洗浄成分がすべてアミノ酸系で保湿力と補修力に優れ、育毛成分・頭皮ケア成分・アンチエイジング成分などの頭皮にも効果的なシャンプー。
口コミサイトにもランクイン!haru kurokamiスカルプ
超ハイダメージ向けの方にお勧めのシリコンシャンプー&トリートメント。
ノンシリコンシャンプーでも髪の毛がまとまりにくくパサつきが治らない人は、良質なシリコンを使ったシャンプー&トリートメントの方が収まり、手触りが圧倒的に変わります。
ラサーナは低刺激の洗浄成分に、1分で毛髪内部に吸着し補修してくれるアミノ酸系補修成分「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」、グリセリンやスクワラン・種子油などの毛髪保湿成分、痛んだ髪の毛を滑らかに扱いやすくしてくれるジメチコンをベースにした4種類のシリコンが超ハイダメージしたあなたにお勧めしたい!
「プレミオール」21日間スターターキット

このPPTコラーゲン&シルクシャンプーの凄いところはベースの洗浄剤が補修効果が高く最高レベルの補修効果を持つココイル加水分解コラーゲンKラウロイル加水分解シルクNaが含まれているので期待度がかなり高い。

フェザー(羽毛)ケラチン、ヘマチン、ペリセアという即効性と内部補修と強化、この成分であれば扱いにくなったダメージヘアにピッタリ。

洗浄剤には酸性石けん、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ペリセアと髪の毛や頭皮に優しいながらもしっかりとした泡立ち+保湿もできる優秀なシャンプー&トリートメント。

ゼイン、メドウフォーム-δ-ラクトン、ペリセア、ヘマチンが弱った髪の毛にハリやコシを与えてくれるので、縮毛矯正で痛んでしまい弱った髪の毛にもお勧めの一品。

縮毛矯正で痛んだ髪の毛にオススメのサロンクオリティートリートメント

縮毛矯正で傷んでしまった髪の毛は

  • もうすでに髪の毛がギシギシ
  • 指通りがかなり悪い
  • 髪の毛が広がってしまう

と悩んでいる方も多いかもしれません。

実際に、今現状かなり傷んでいる人の場合はプラスαとして、より髪の毛をケアしてくれるトリートメントが必要です。

実際に月に1度、または2ヶ月に1度のペースで美容室でトリートメントをされている方もいるかと思いますが、実際美容室でのトリートメントの持続期間は1ヶ月ほどと言われてますが、体感できるのはせいぜい1週間です。

美容室で行うトリートメントは髪内部の補修と、髪の周りに皮膜を作りコーティングして扱いやすい髪質へとしてくれますが、実際毎日のシャンプーやドライヤー、摩擦などでそのコーティングも剥がれやすく1ヶ月なんて持ちません。

美容室のトリートメントであれば3000〜5000円ぐらいで行う3ステップのシステムトリートメントをされたことありませんか?

美容室にある一般的なシステムトリートメントは【浸透】【補修】【皮膜】からなる3種類のトリートメントで髪の毛の内部に栄養を与えて皮膜で閉じ込めるんですね。

でももしあなたが自宅で美容室のクオリティーレベルのトリートメントをもっと持続させたいのであれば、この3ステップシステムトリートメントを自宅でも体験できる【BIMERA】を使ってみてください。

実際に50店舗以上の美容室でも使われているトリートメントを自宅で使え、ロングヘアの人が週に1度使ったとしても4ヶ月分(20回分)も持つのでコスパ的にかなり良いトリートメントです。

  • STEP1:ダメージで髪内部がスカスカの状態になった部分に栄養を補給する
  • STEP2:ボコボコになったダメージホールの凹凸を綺麗に修復
  • STEP3:髪表面の剥がれたキューティクルをぎゅっと内部に栄養を閉じ込める

このサロンクオリティーの3ステップトリートメントを使うことで、今の傷んだ髪の毛(ダメージヘア)をかなり回復させれると思うのでぜひ試してみてください。

美容室であればトリートメントのみだとシャンプー&ブローで別費用取られたり来店する時間を確保しなければなりませんよね。

もし美容室に行ってやっていたトリートメントを自宅で週1できたら、美容室でトリートメントをするよりもっとコスパも良く髪の毛を綺麗な状態に保ちやすいのでオススメ◎

美容室生まれの本格トリートメント『BIMERA』

縮毛矯正で痛んだ髪の毛には丁寧な自宅でのヘアケアが大切

縮毛矯正で痛んだなと思ったら、毎日使用するシャンプー&トリートメントを変えて1ヶ月ほど丁寧にヘアケアをしてみましょう。

せっかく綺麗になりたいと行った美容室で失敗されたら元も子もないですよね。

縮毛矯正は美容室が提供するサービスの中でも最も難しい技術なんです。

今後あなたがもし縮毛矯正や髪質改善をしたいと思っている場合、今回のように失敗されて髪の毛を傷めたくないですよね?

そんな人のために、全国で縮毛矯正&髪質改善が上手な美容室を特集しました。

ぜひ下記のリンクからあなたがお住いの都道府県を入力して、近くにある縮毛矯正が得意な専門店に次回は行ってみましょう。

傷んだ髪の毛(ダメージヘア)にオススメのシャンプー10選傷んだ髪の毛(ダメージヘア)は毎日使用するシャンプーを変えることで髪の毛の状態が変わります。アミノ酸洗浄成分をベースにした髪の毛に負担の少なく、補修効果や保湿効果の高いPPTやペリセアなど良い成分が入っているシャンプーが傷んだ髪の毛やダメージヘアにオススメです。...
『2021年最新』縮毛矯正で傷んだ髪に良いトリートメントとシャンプー縮毛矯正で痛んだ髪に良いトリートメントを使うことで、毎日のスタイリングが楽になります!また毎日使うシャンプー&トリートメントを変えることで髪質を改善していけるの知ってましたか?...
縮毛矯正やストパーの値段の平均は?学生やメンズだと安い?縮毛矯正やストパーの値段の違いって知っていますか?全国の美容室の平均的な値段の相場や、学生やメンズには割引があるのかなど徹底解説してます!...
頭皮のフケや痒み対策にお勧めのシャンプー10選頭皮のフケや痒みにあったシャンプーを使ってますか?フケや痒みが悪化すると大量のかさぶたになったり脂漏性皮膚炎などになる可能性もあります。自分の頭皮にあったシャンプーを見つけましょう。赤ちゃんや女性にも優しい商品を紹介しています。...
縮毛矯正で失敗される人続出?失敗される確率を減らす方法あなたは今までに縮毛矯正で失敗されたことありますか?縮毛矯正で失敗されると、もう2度と元の健康的な髪に戻れません。失敗される確率を減らすために知っておきたいアドバイス!...
ウルトワトリートメントが凄い!?人気の秘密を徹底解説! 今じわじわと人気が出てきた【ウルトワトリートメント】って知っていますか? 話題の髪質改善トリートメントの一種で、水素と高濃度コラ...