縮毛矯正

【男性必見】縮毛矯正でカッパみたいに失敗される原因と対応策10選

最近では男性でも縮毛矯正をする人がますます増えてきています。

髪質改善や美髪、艶髪ブームが男性にも影響しているとも言えますね。

そんな中、縮毛矯正をした男性がカッパみたいになるケースが全国的にも見かけられます。

口コミサイトやSNSでも失敗されたと悩んでいる男性を見かけることが多くなりました。

これから縮毛矯正をしようと考えている男性がカッパみたいに失敗されないために知っておきたいポイントをこれから解説していきたいと思います。

【縮毛矯正 男 カッパ】の検索数が上がっている理由とは?

男性もくせ毛や天然パーマで悩んでいる人がたくさんいる中で、グーグルで【縮毛矯正 男 カッパ】なんて検索する人がとっても多いんです。

その理由として、男性の場合は髪の毛が短く、女性と比べてもカッパのような失敗をされるケースがとても多いからなんです。

普通に美容室で縮毛矯正を予約して来店したのに、仕上がりを見た途端変なツンツンとした仕上がりになっていたら誰だって後悔しますよね?

そんな人が全国的にも増えてるから、ネット検索する人が多くなるんです。

Yahoo知恵袋にも投稿されていた男性の縮毛矯正でカッパになる口コミ

検索してみると、2022年になっても縮毛矯正でカッパみたいになってしまったと口コミサイトで相談する人が増えています。

縮毛矯正でカッパになった男性の口コミその1

先日縮毛矯正をかけたのですがカッパみたいになってしまいました。こんな前髪で学校に行くと絶対に何か言われるし対応したくないです。ましにする方法でもいいので教えてください。お願いします。

参照:yahoo知恵袋

縮毛矯正でカッパになった男性の口コミその2

縮毛矯正をかけたのですがカッパのようになってしまってとても辛いです。アイロンで丸めても少しの湿気で元どうりになってしまいます。もう一度縮毛矯正を違うところでかけてもらえばふんわりしますか?

参照:yahoo知恵袋

縮毛矯正でカッパになった男性の口コミその3

縮毛矯正を髪全体にかけたら カッパになりました。 前髪もツン…すべてがツン 本当に最悪です… この状態を直すために パーマをかけようかなと 思うのですが… このツンツンカッパを 直す方法はありますか できるだけ早くお願いします…

参照:yahoo知恵袋

男性が縮毛矯正でカッパみたいに失敗されすい原因10選

過去に美容室や理容室で縮毛矯正したのに、カッパのような仕上がりになった方や、これからサロンに行きたいけど、カッパのようになりたくない人は、これから解説するチェックリストを参考にしてみてください。

短い髪の毛

髪の毛がとても短い人が縮毛矯正をすると、かなりの確率でツンツンしたストレートになりやすいです。

髪の毛が短い男性が縮毛矯正をする際は、マイルドな薬剤を使用したり毛先まで薬をつけないようにすることで対応できます。

トップが潰れる

縮毛矯正後にトップがぺたんと潰れることで、見た目の雰囲気がカッパのように言えるケースがとても多いです。

トップにボリュームをキープしたい人は、根本からの薬剤塗布を少し開けたり、短い髪の毛を作ってレイヤースタイルにする事でふんわり見せることができます

毛量調整

毛量が多い人が縮毛矯正をすると、髪の一本一本が重なることでカッパみたいに広がって見えやすくなります。

毛量が多い人は、全体のバランスをしっかりと考えて髪を短くしたり毛量の調整が必要になってきます。

ハチが張っている人

男性の方の中でもハチの部分が張ってる人は髪を短くしただけで浮いてしまいカッパみたいになってしまいます。

ダウンパーマのように根本が潰れるようにパーマをかける方法や、毛先に少しカールなどつけることで対応できます

毎回毛先までストレートのお薬を付けてる人

縮毛矯正をするたびに、毛先まで薬剤をつけてストレートにしていると毛先が以上にツンツンとした仕上がりになりやすいです。

ナチュラルな見た目が良い人は、根本の新しく生えてきた癖の部分だけ縮毛矯正をしてもらうようにしましょう

根本からのクセがかなり強い人

根本からの癖がかなり強い人の場合は、2週間ほど経過するだけで全体の形が大きく変わり、頭が大きく見えたり毛先が広がってカッパみたいに見えるケースがあります。

癖がとても強い人は、髪を長めに設定してあげる事で重さを利用して広がらないようにできたり、2ブロックのように部分的に短くする事でも全体の雰囲気をコンパクトにできます

強い薬剤しか置いていない美容室

縮毛矯正でツンツンしてしまう理由の一つが強いアルカリ剤の縮毛矯正を使用することでカッパのような仕上がりになりやすくなります。

酸性ストレートのように髪の毛への負担も最小限かつツンツンなりにくい薬剤が置いてある美容室を選ぶといいでしょう。

技術や知識がない美容師さん

縮毛矯正の技術は各サロンによってバラバラです。ストレートにしようと強引に真っ直ぐアイロンで伸ばそうとする美容師さんだと失敗されやすいです。

経験豊富な美容師さんであれば、必要最低限のアイロンで優しく施術することができるのでしっかりと選ぶようにしましょう。

メンズのお客さんが少ない美容室

男性のようなメンズ縮毛矯正と女性への縮毛矯正とでは、少しやり方や技術が変わってきます。

男性で縮毛矯正をする場合は、メンズに特化した美容室の方がキレイに仕上がるでしょう。

縮毛矯正のお客さんが少ないサロン

どんな美容室でも縮毛矯正を提供していますが、専門的な知識や技術があるサロンでは縮毛矯正のお客様が多いです。そうでない場合は注意が必要です。

縮毛矯正のお客さんが少ないサロンの場合は、最新の薬剤や知識など身につけれていないケースがほとんどでしょう

男性が縮毛矯正でカッパみたいに失敗されない為の対策7選

縮毛矯正に特化した美容室に行く

令和になってからは、各サービスに特化した専門的な美容室選びがとても重要になってきます。

近くにある美容室ではなく、縮毛矯正、髪質改善、パーマ、外国人風カラーなどそれぞれに特化するサロンならより知識も豊富で技術力が高いと言えるでしょう。

メンズカットが上手な美容師を選ぶ

メンズ縮毛矯正をする際はヘアカットもとても大切になります。縮毛矯正をした後の髪はまっすぐになるのでカットも非常にやりづらくなり、理想の形になりにくいんですね。

メンズカットが得意な美容師さんはしっかりと全体のバランスや形を理解しながらカットしてくれるのでオススメです。

部分矯正で対応してみる

縮毛矯正を全体にするとどうしてもカッパみたいな仕上がりになりやすくなります。クセやうねりが全体にない場合は部分矯正なども検討してみましょう。

全体に縮毛矯正をするより、よりナチュラルに見えますしカッパみたいな失敗されにくくなります。

スタイリング技術を磨く

男性の縮毛矯正後はストレートになりすぎて放っておくとカッパのように浮いてきてしまうケースもありえます。

男性の場合は最低限のスタイリング技術を利用することでトップにボリュームを持たせたり、ツンツンする毛先をアイロンでカールしたりする事で見た目の印象をナチュラルに仕上げることができます

カラーやパーマなど併用しない

カラーやパーマなど繰り返している男性の場合は、髪のコンディションが悪くなっているので縮毛矯正で失敗されるリスクも高くなります。

また縮毛矯正後にカッパみたいになったからとパーマなどすると大失敗する可能性も高いので注意が必要です。

酸性ストレート(酸性縮毛矯正)や酸熱トリートメントを検討する

縮毛矯正はアルカリ剤を使ったストレートなので、今の時代であれば酸性ストレートのようにナチュラルに仕上がる薬剤を使用する方が失敗されにくいです。

クセが強くない場合は酸熱トリートメントなどを利用することで男性でもナチュラルなストレートヘアになれるのでオススメです。

しっかりと美容師さんと自分の髪質や失敗例を共有する

縮毛矯正で美容室を予約する際は、過去に失敗した例や自分の髪質についてしっかりと担当の美容師さんに話しましょう。

ケミカル履歴などをしっかりと伝えてない事が原因で失敗されるケースも稀にあるので忘れずに。

男性が縮毛矯正でカッパみたいなった後はどれぐらいで自然に戻る?

縮毛矯正をした後に、カッパになってしまった場合はどれぐらい我慢すれば元の状態に戻るのか悩んでいる人も多いかと思います。

アルカリ剤を使った縮毛矯正の持続期間は半永久なので、放置していても元の状態に戻るわけではありません。

根本の部分は新しい髪が生えてきますが、縮毛矯正をした部分は不自然にツンツンした状態が長い期間続く可能性が高いでしょう。

シャンプーを繰り返したて取ろうとしたり、パーマをかけて誤魔化そうとする人も多いですが、セルフでやったりしないように注意しましょう

もし男性が縮毛矯正でカッパみたいに失敗された後は自分で治せる?

縮毛矯正でカッパみたいになってしまった場合は、アイロンなどを使用すれば毛先にカールをつけたりトップにボリュームを作ることができます。

また、髪の毛のコンディションが著しく悪くない場合はもう一度美容室で縮毛矯正をかけ直してもらうことでナチュラルな仕上がりになる場合もあるでしょう。

失敗されたかなと感じたら、まずは担当してくれた美容師さんに相談しましょう。苦情やクレームではなく、自分の現状やなりたかったヘアスタイルなど丁寧に説明するようにしましょう

男性が縮毛矯正でカッパみたいにならないために知っておきたいヘアケア方法3選

男性の場合は女性と比べて髪の長さも短いので何のヘアケアもしてない状態だとツンツンとした毛先やトップが短いのでぺたんと見えやすくなります。

そのような状態だとカッパみたいと周りからも言われやすくなってしまうので、縮毛矯正後はしっかりと自宅でできるヘアケアを始めてみましょう。

ドライヤーで根本からボリュームを出す

縮毛矯正した後の髪は根本から毛先までまっすぐになるので、どうしてもトップにボリュームが出づらくなります

洗髪後、ドライヤーで乾かす際は右からと左からしっかり根本部分が立ち上がるようにドライしてあげることでボリュームアップできます。

ダメージを防ぐためにオイルやクリームを使うこと

縮毛矯正した後の髪の毛はとても弱っています。ダメージのまま放置してしまうと髪がパサパサになったり広がりやすくなってしまいます。

お風呂上がりには保湿クリーム、朝から家を出る前にはオイルなど髪の毛をダメージから守るヘアケアを始めてみましょう

アイロンを使って毛先にカールをつける練習もすること

男性で縮毛矯正する人の多くがアイロンを使ったスタイリングに慣れている人も多いです。

なぜなら縮毛矯正だけだとどうしても自分の理想のヘアスタイルになるのは難しいからです。

そんな時はアイロンを使ったスタイリング技術を身につけておくと、どんなスタイルにもなれるので練習しておくととても便利でしょう。

男性が縮毛矯正でカッパみたいに失敗されたら返金してもらえる?

もし縮毛矯正をしたのに、カッパみたいな仕上がりで失敗されたと思うと返金してもらいたい気持ちになるのは当然だと思います。

返金の対象としては、

  • クセが伸びていない
  • 髪が痛んだ
  • 髪がビビり毛になった
  • 髪を切られすぎた

などであればサロン側もすぐに対応してくれるかも知れませんが、カッパのような仕上がりとは毛先がツンツンになってる状態なので、仕方がないと言われてしまうケースも多いでしょう。

男性の縮毛矯正っていくらぐらい?安いとカッパみたいに失敗されやすい?

男性の縮毛矯正の値段は全国的にバラバラです。

クーポン利用で格安で縮毛矯正を提供するサロンから、専門店のように技術力もあり値段も高めに設定サロンまであります。

平均的な男性の縮毛矯正の値段は15,000ぐらいでしょう。

サロンによっては、カット込みやカット別になるサロンもあり値段の幅がとても大きいのが特徴です。

逆に10,000円以下でも上手に仕上げてくれる美容師さん、専門店なのに失敗されるケースだってあります。

男性で縮毛矯正する人向けオススメのヘアスタイル3選

縮毛矯正したいけど、どんなヘアスタイルが似合うのかあまりイメージできないという方にいくつかおすすめのヘアスタイルを紹介したいと思います。

メンズ縮毛矯正×マッシュ

マッシュ系スタイルは、全体のボリュームを抑えるデザインなのでメンズ縮毛矯正との相性がとても良いんです。

スタイリングも簡単で、お手入れも楽なので初めての方にもオススメ

メンズ縮毛矯正×センターパート

韓国人のような雰囲気にも演出できるセンターパートは、今とっても流行しているヘアスタイルです。

日本では昔流行ったヘアスタイルですが、韓国人ミュージシャンや俳優の方が主にされているヘアスタイルなので日本でも人気になってきましたね。

メンズ縮毛矯正×アップバング

縮毛矯正をしている髪の毛でも短めの人であればアップバングのスタイルも似合うと思います。

縮毛矯正した部分はワックスやスプレーで形を固定することができるので、ワイルドで大人っぽい雰囲気になりたい方にはとてもオススメです!

男性の縮毛矯正した後も毛先をカールできる?

男性で縮毛矯正をしようか悩んでいる人の中には、

  • 毛先に遊びが欲しいな
  • トップにボリュームが欲しいな
  • 分け目を変えたいな
  • ストレートに飽きたな

なんて考えている人も少なくないでしょう。

縮毛矯正した後はアイロンを使って様々なアレンジができます。

写真のように毛先やトップを少しカールしてあげるとここまでパーマをかけたようなヘアスタイルにもなれます。

男性の縮毛矯正とストパーの違いは?

男性が施術できる美容メニューである縮毛矯正とストパー。

この2つは同じサービスだと思っている方も多いのはではないでしょうか。

実際には、縮毛矯正とストパーは似ているようで、仕上がりや施術工程に大きな違いがあります。

美容室でストパーで予約したのに、自分が思っていた縮毛矯正の仕上がりと違うと感じてしまう人も多いので、わかりやすく解説します。

メンズ縮毛矯正

メンズ縮毛矯正は、アルカリ剤と呼ばれる薬液の力とアイロンの熱による作用で髪の毛を内部からまっすぐに矯正するサービスです。

1液で使用するアルカリ剤の力によって、髪の毛の内部にあるシスチン結合を一度切り離します。

その後に一度薬液を洗い流して髪の毛を乾かした後にアイロンの熱によるプレスをすることで、くせ毛や天然パーマのような湾曲した髪の毛の形をストレートに修正するんですね。

最後に2液と呼ばれる薬液を塗布することで、髪の毛をストレートにキープし、またシスチン結合を繋げてあげるという工程になります。

また、使用する薬剤もストパーのものより少し強めにあり、より専門的な知識や技術が必要になります。

メンズストパー

ストパーは、縮毛矯正と同じように髪の毛のシスチン結合を切り離す1液をつけた後、コームを使ってまっすぐに髪の毛のを伸ばします

そのあとに1液を洗い流し、最後に2液をつけて髪の毛を固定するだけの作業で終わります。

なので、強いくせを伸ばしたりする力はないので、『ボリュームを落としたい』『パーマを落としたい』などの用途で使われるケースがほとんどです。

このように、縮毛矯正とストパーでは目的や効果が大きく違うので、髪の毛をまっすぐにする作用があるという点では2つとも似ていますが、仕上がりや目的が大きく違うので注意しましょう。

男性の縮毛矯正やストパーの施術時間や値段は

男性の縮毛矯正やストパーをしようか考えている方は以下の相場を参考にしてみてください。

 施術時間値段
縮毛矯正2時間半〜3時間10000〜20000円
ストパー1時間〜1時間半5000〜10000円

縮毛矯正やストパーは髪の毛への負担が大きく、失敗されると2度と元に戻せない状態になるので、安い値段で選ぶのではなく、上手な美容室を選ぶようにしましょう。

一度失敗されると、ビビリ毛矯正が必要になったり、切れ毛やゴワゴワになって後悔する人もたくさんいるので注意しましょう。

美容室に行く前に、縮毛矯正についてもっと知っておくとこれからの参考になるかと思います。

メンズ縮毛矯正のメリットとデメリット

男性の方で縮毛矯正するとカッパみたいに失敗するんじゃないかと不安になっている方も多いかもしれませんが、メリットやデメリットについてもう少し理解しておくといいでしょう。

メンズ縮毛矯正のメリット

  1. 朝のスタイリングが楽になる
  2. 艶と手触りが生まれ変わる
  3. どんなクセでもまっすぐに伸ばせる

男性は縮毛矯正した後の髪の毛は、乾かしただけでストレートになるので朝のスタイリングがとっても楽になりますね。

髪の毛のツヤ感と手触りが大幅に改善し、もともとくせ毛や天然パーマで悩んでいた人にとってはとても助かりますよね。

メンズ縮毛矯正のデメリット

  1. 元どおりの髪質には戻せない
  2. 髪の毛には大きなダメージがある
  3. ブリーチカラーはできない

一度縮毛矯正をすると、髪の毛はストレートの状態に形状が変化してしまうので以前のような髪質に戻せなくなります。

アルカリ剤を使った施術なので髪の毛の内部にはダメージが蓄積しており、ブリーチなど髪の毛への負荷がかかるサービスができなくなります

男性の縮毛矯正を安く予約できる方法は?

男性の場合でも縮毛矯正は高く感じる人も多いかと思います。

できるだけ出費を抑えて縮毛矯正をしたい人も多いでしょう。

そんな人にオススメするのがクーポンサイトを使用すること。

クーポンサイトは、新規のお客様を獲得したいという理由で、ほとんどの美容室では20〜50%ぐらいの割引がされてあります

お得に美容室をする際に登録しておきたいクーポンサイトをここで紹介したいと思います。

一番人気はホットペッパービューティー


美容室予約で、一番安い値段で施術を受けれるサイトがホットペッパービューティーでしょう。

美容室登録されている件数も一番多く、利用者も多いことからどの美容室も掲載する傾向があります。

値段的には、正規の値段から20%〜50%ほどの割引率でクーポンが用意されているので、安く縮毛矯正やストパーをしたいなら、必ず登録しておきましょう。

↓↓↓ここから登録できます↓↓↓

ホットペッパービューティー

次に安く美容室の予約ができるのが楽天ビューティー

ホットペッパービューティーに続いて人気の美容サイトは楽天ビューティー。

こちらはホットペッパーほど利用者や登録している美容室の数も多いわけではありませんが、掲載するハードルがホットペッパービューティーより低いので、ホットペッパービューティーには登録せずに楽天ビューティーに掲載する美容室も意外と多いです。

値段の設定は、10%〜30%ほどの割引率になっている美容室が多いでしょう。

↓↓↓ここから登録できます↓↓↓

楽天のサロン検索・予約サイトなら【楽天ビューティ】

男性の縮毛矯正でカッパみたいに失敗されないためのまとめ

いかがでしたか?

男性の場合は縮毛矯正に馴染みのある方も、まだ挑戦したことない人でも失敗されるリスクは毎回あります。

大事なのは、縮毛矯正が上手な美容室、美容師さんをしっかりと選ぶこと。

そして自分でも最低限どのヘアスタイリングなど勉強しておくと安心して縮毛矯正をできると思います。

あなたの地域にある縮毛矯正が上手な美容室を探すなら、下の空欄に都道府県名を入力すると縮毛矯正が上手な美容室が検索できるのでぜひ利用してみてください。

縮毛矯正やストパーの値段の平均は?学生やメンズだと安い?縮毛矯正やストパーの値段の違いって知っていますか?全国の美容室の平均的な値段の相場や、学生やメンズには割引があるのかなど徹底解説してます!...
『2022年最新』縮毛矯正で傷んだ髪に良いトリートメントとシャンプー縮毛矯正で痛んだ髪に良いトリートメントを使うことで、毎日のスタイリングが楽になります!また毎日使うシャンプー&トリートメントを変えることで髪質を改善していけるの知ってましたか?...
縮毛矯正で失敗される人続出?失敗される確率を減らす方法あなたは今までに縮毛矯正で失敗されたことありますか?縮毛矯正で失敗されると、もう2度と元の健康的な髪に戻れません。失敗される確率を減らすために知っておきたいアドバイス!...
髪質改善の値段は?種類別の平均相場や安く予約できる方法も解説! この記事を読んでいる皆さんの中で、過去に一度は髪質改善トリートメントを体験したことある人はいますか? 今では様々なメニューが開発...
傷んだ髪の毛(ダメージヘア)にオススメのシャンプー10選傷んだ髪の毛(ダメージヘア)は毎日使用するシャンプーを変えることで髪の毛の状態が変わります。アミノ酸洗浄成分をベースにした髪の毛に負担の少なく、補修効果や保湿効果の高いPPTやペリセアなど良い成分が入っているシャンプーが傷んだ髪の毛やダメージヘアにオススメです。...
◯美容室を一番安くお得に予約する方法は?

縮毛矯正やストパーなど、一般的に美容室で正規の値段だとどのサロンも高いですよね。

できるだけ出費を抑えて縮毛矯正やストパーをしたい人も多いでしょう。

そんな人にオススメするのがクーポンサイトを使用すること。

クーポンサイトは、新規のお客様を獲得したいという理由で、ほとんどの美容室では20〜50%ぐらいの割引がされてあります。

お得に美容室をする際に登録しておきたいクーポンサイトをここで紹介したいと思います。

一番人気はホットペッパービューティー



美容室予約で、一番安い値段で施術を受けれるサイトがホットペッパービューティーでしょう。

美容室登録されている件数も一番多く、利用者も多いことからどの美容室も掲載する傾向があります。

値段的には、正規の値段から20%〜50%ほどの割引率でクーポンが用意されているので、安く縮毛矯正やストパーをしたいなら、必ず登録しておきましょう。

↓↓↓ここから登録できます↓↓↓

ホットペッパービューティー

次に安く美容室の予約ができるのが楽天ビューティー

ホットペッパービューティーに続いて人気の美容サイトは楽天ビューティー。

こちらはホットペッパーほど利用者や登録している美容室の数も多いわけではありませんが、掲載するハードルがホットペッパービューティーより低いので、ホットペッパービューティーには登録せずに楽天ビューティーに掲載する美容室も意外と多いです。

値段の設定は、10%〜30%ほどの割引率になっている美容室が多いでしょう。

↓↓↓ここから登録できます↓↓↓

楽天のサロン検索・予約サイトなら【楽天ビューティ】