美容室

岐阜市で縮毛矯正が上手なオススメ美容室10選

『縮毛矯正したいけど、前回失敗されたんだよね』

『縮毛矯正始めてするから信頼できる美容室ないかな?』

などこれから縮毛矯正をしたいけど、どの美容室なら安心して任せられるのか知りたいですよね。

縮毛矯正は美容技術の中でも一番経験や技術が必要なメニューなので、本当に髪の毛を綺麗に仕上げてくれる美容室に任せたいですよね。

縮毛矯正で失敗しない美容室の探し方【岐阜市編】

ネット上でよく見かける縮毛矯正で失敗された体験談。

そうならない為にも、皆さんに知っておいて欲しい縮毛矯正が上手な美容室の探し方をここで紹介したいと思います。

縮毛矯正のお客さんがたくさん来店している

縮毛矯正は経験と技術力がとても影響するヘアサービスです。2日に1人ぐらいより、毎日縮毛矯正をしている美容室や美容師が上手に決まっていますよね。

お客様の数は技術にも比例してくるので、縮毛矯正のお客様がたくさん来店するお店ほど専門性があるので信頼できますね。

縮毛矯正の口コミなどがしっかり書かれている

縮毛矯正で人気の美容室であれば、しっかりとお客様からの口コミが書かれているはずです。

リアルなお客様の口コミは良い美容室を探す上でとても重要なポイントですね。

新しい縮毛矯正の薬剤やメニューを取り入れている

縮毛矯正をする上でとても大切になってくる薬剤やそれに使用する道具(アイロンやスチーマー)など日々進化しています。

髪の毛への負担を最小限に抑える薬や、仕上がりをより綺麗に促してくれる美容道具も新しい物の方がとても利用価値が高くなります。

そのように最新の情報を敏感にキャッチしている美容室は縮毛矯正に関する知識や技術力も高い傾向にあります。

岐阜市で縮毛矯正やストパーに対応できるヘアカット技術がある美容師を選ぶ

縮毛矯正やストパーした後にヘアカットしますよね?

実は、普通のヘアカットと違い、縮毛矯正やストパーしたあとの髪の毛を上手に切れる美容師を選ぶと仕上がりに大きな違いが出てきます。

縮毛矯正やストパーはどの美容室でもやっていますが、ストレートになった髪の毛を綺麗にカットできる美容室はとても少ないのが現状。

注目ポイントは、ショートヘア、ボブ、ミディアムヘアのカットが上手な美容室や美容師をチェックしましょう。

岐阜市で縮毛矯正が上手なオススメ美容室10選

unlabel(アンレーベル)North店

住所〒500-8834 岐阜県岐阜市羽根町12−8 十六銀行本店裏)ニューバードビル2階
電話番号058-267-7225
ホームページhttp://un-label.net/

岐阜駅2分◆本物の縮毛矯正は≪unlabel≫で!※キャンセル料規定有。必ずご確認いただき、ご予約下さい。酸性の縮毛矯正を中心に、お客様に合わせた方法でストレートに◎カウンセリングから自宅でのケアのお話までひとりのスタイリストが担当。ACCトリートメントを用いた、本当の専門店の施術を是非体験してください!!

アミティエ

住所岐阜県岐阜市北島7-2-3
電話番号058-214-3526
ホームページhttps://haircare-amitie.business.site/

【ノンアイロン弱酸性縮毛矯正】【オーガニックカラー】を専門としエイジングケアをコンセプトに、髪と頭皮の5年、10年後を考え薬剤にはこだわりを持ち、厳選された物だけを使用しております。美意識が高い大人女性のあなただから分かるこの質感を、あなたの髪と地肌で実感してくだい。

グロワール ドゥー

住所〒500-8225 岐阜県岐阜市岩地1丁目2−19
電話番号058-214-6308
ホームページhttps://ictb-global.net/gifu/gloire-deux

“岐阜市のグロワール ドゥー 【クセストパー®プレミアムサロン】はとことんダメージレスにこだわった縮毛矯正サロンです。 ひとりひとりのクセの状態を6段階で定義したクセレベル®に当てはめ、最適な施術を行うことでどんな癖毛にも対応可能です。 また、髪を傷めず自然な状態でクセをケアすることにより、今まで実現できなかった思いどおりのヘアスタイルを実現いたします。次世代型の縮毛矯正【クセストパー®】を是非一度お試しください”

Letta

住所〒502-0916 岐阜県岐阜市西中島4丁目8−17
電話番号058-374-7282
ホームページhttps://letta.info/

縮毛矯正特化サロン“Letta”髪への負担を最小限に抑えたナチュラルな仕上がりのストレートヘアを提案します!!ネット予約はホームページでのオンライン予約のみになります。

美容室笑顔

住所〒502-0850 岐阜県岐阜市鷺山東1丁目21−22
電話番号058-295-9318
ホームページhttps://egao-gifu.amebaownd.com/

縮毛矯正ならおまかせ♪癖とダメージを同時に改善します☆シルキーエステ、弱酸性縮毛矯正で羨む艶髪に☆『縮毛矯正まではしたくないけど髪質を変えてツヤツヤにしたい』方のシルキーエステ『癖はしっかり伸ばしたいけど痛めたくない』方の弱酸性縮毛矯正。それぞれに合った縮毛矯正で今すぐ理想を叶えます☆

ディアーズ 岐阜店

住所〒502-0002 岐阜県岐阜市粟野東5丁目14
電話番号058-237-3239
ホームページhttps://dears-gifu.com/

“ディアーズは髪をキレイにしたい女性が行き着く特別なプライベートサロンです。 ぱさつき、うねり、枝毛、まとまらない髪・・・ そんな悩める髪を、誰もが憧れる艶髪へと導きます。 専属スタッフがお客様のお悩みをカウンセリングし、マンツーマンで施術いたします。ぜひ一度ご相談ください。”

ヘアーデザインディクト hair design D.c.t

住所〒500-8269 岐阜県岐阜市茜部中島2丁目1−1 長良コーポ
電話番号058-215-5572
ホームページhttps://fukui-malqhaircare.com/?utm_source=google&utm_medium=Map

岐阜市エリアにあるアットホームな美容室。スタッフ厳選のこだわった商材でお客様に最適な施術を。悩みに向き合い、お客様一人一人のヘアプランを提案。「Life Hair」=「扱いやすい髪質」こだわりが満点です♪ツヤサラで毎日扱いやすいケアを提案させて頂きます!”

レガルスィー

住所〒501-6001 岐阜県羽島郡岐南町上印食4丁目63
電話番号058-214-3888
ホームページhttps://ameblo.jp/legarsi3888

ついに登場!『まったくアイロンを使わない』縮毛矯正…自然なストレートが、たった3時間であなたのものに♪10年以上縮毛矯正をしているけど、『まっすぐになりすぎた』『傷んでしまった』『ペタンコになった』など、一度も納得がいく仕上がりにならないあなたへ…レガルスィー独自の縮毛矯正をぜひ試してみて☆

WORKS HAIR

住所〒502-0813 岐阜県岐阜市福光東2丁目13−2
電話番号058-294-5919
ホームページhttps://works-hair.co.jp/

【手触り大好評◎】ナチュラルな人気サラサラストレート仕上げで毎日のスタイリングがラクに楽しくなる♪解決したい癖・うねりに合わせて薬剤を選定!!根本から毛先までしっかりと丁寧に伸ばしながら自然で艶のあるサラサラストレートヘアを・・◎最新の技術で広がりやボリュームが気になる方も‥憧れの美髪へと導きます!!

ROPE hair 岐阜

住所〒500-8227 岐阜県岐阜市北一色2丁目5−1 第1 花沢荘 1F
電話番号058-201-6828
ホームページhttps://beauty.hotpepper.jp/slnH000431344/

【岐阜】硬くならない自然な仕上りの愛されストレート☆安心の仕上りを是非お楽しみ下さい♪ピンとならない!自然に仕上がる縮毛矯正で思い通りの内巻きストレートに♪”自然なスタイル””コテ仕上げ”を楽しめる!髪質改善しながらアレンジできる素髪の様な仕上がりはROPE hairにお任せ。貴方の理想に応えます☆

縮毛矯正って何?

縮毛矯正とは、髪の毛を柔らかくするアルカリ剤を使って髪の毛の内部にある芯(シスチン結合)を一度切断し、アイロンの熱でストレートに変化させてあげる事で、半永久的にストレートヘアが持続するヘアサービスです。

天然パーマ、くせ毛、捻転毛や縮れ毛の方にとても人気のメニューですが、最近ではボリュームを減らしたり朝のスタイリングを簡単にしたいという理由から来店するお客様も多いようです。

  • 縮毛矯正ってどんな技術なのか?
  • どんなお手入れが必要なのか
  • 値段や時間、もちはどれぐらい?

など、詳しく解説しますのであまり縮毛矯正について詳しくない方は、これから説明する内容を参考にして頂けたらと嬉しいです。

縮毛矯正とストパーの違いは?

縮毛矯正とストパー。

この2つは同じサービスだと思っている方も多いのはではないでしょうか。

実際には、縮毛矯正とストパーは似ているようで、仕上がりや施術工程に大きな違いがあります。

美容室でストパーで予約したのに、自分が思っていた縮毛矯正の仕上がりと違うと感じてしまう人も多いので、わかりやすく解説します。

縮毛矯正

縮毛矯正は、アルカリ剤と呼ばれる薬液の力とアイロンの熱による作用で髪の毛を内部からまっすぐに矯正するサービスです。

1液で使用するアルカリ剤の力によって、髪の毛の内部にあるシスチン結合を一度切り離します。

その後に一度薬液を洗い流して髪の毛を乾かした後にアイロンの熱によるプレスをすることで、くせ毛や天然パーマのような湾曲した髪の毛の形をストレートに修正するんですね。

最後に2液と呼ばれる薬液を塗布することで、髪の毛をストレートにキープし、またシスチン結合を繋げてあげるという工程になります。

また、使用する薬剤もストパーのものより少し強めにあり、より専門的な知識や技術が必要になります。

ストパー

ストパーは、縮毛矯正と同じように髪の毛のシスチン結合を切り離す1液をつけた後、コームを使ってまっすぐに髪の毛のを伸ばします

そのあとに1液を洗い流し、最後に2液をつけて髪の毛を固定するだけの作業で終わります。

なので、強いくせを伸ばしたりする力はないので、『ボリュームを落としたい』『パーマを落としたい』などの用途で使われるケースがほとんどです。

このように、縮毛矯正とストパーでは目的や効果が大きく違うので、髪の毛をまっすぐにする作用があるという点では2つとも似ていますが、仕上がりや目的が大きく違うので注意しましょう。

縮毛矯正やストパーの施術時間や値段は

縮毛矯正やストパーをしようか考えている方は以下の相場を参考にしてみてください。

 施術時間値段
縮毛矯正2時間半〜3時間10000〜20000円
ストパー1時間〜1時間半5000〜10000円

縮毛矯正やストパーは髪の毛への負担が大きく、失敗されると2度と元に戻せない状態になるので、安い値段で選ぶのではなく、上手な美容室を選ぶようにしましょう。

一度失敗されると、ビビリ毛矯正が必要になったり、切れ毛やゴワゴワになって後悔する人もたくさんいるので注意しましょう。

美容室に行く前に、縮毛矯正についてもっと知っておくとこれからの参考になるかと思います。

縮毛矯正のメリットとデメリット

縮毛矯正をこれからしようか考えている方に知って置いて欲しいメリットとデメリットをこれから解説していきたいと思います。

美容室でもメリットの部分は説明してくれるかと思いますが、その分デメリットもあるのでやる前に知っておくと参考になると思います。

縮毛矯正のメリット

  1. 朝のスタイリングが楽になる
  2. 艶と手触りが生まれ変わる
  3. どんなクセでもまっすぐに伸ばせる

縮毛矯正した後の髪の毛は、乾かしただけでストレートになるので朝のスタイリングがとっても楽になりますね。

髪の毛のツヤ感と手触りが大幅に改善し、もともとくせ毛や天然パーマで悩んでいた人にとってはとても助かりますよね。

縮毛矯正のデメリット

  1. 元どおりの髪質には戻せない
  2. 髪の毛には大きなダメージがある
  3. ブリーチカラーはできない

一度縮毛矯正をすると、髪の毛はストレートの状態に形状が変化してしまうので以前のような髪質に戻せなくなります。

アルカリ剤を使った施術なので髪の毛の内部にはダメージが蓄積しており、ブリーチなど髪の毛への負荷がかかるサービスができなくなります

縮毛矯正やストパーはメンズでもできる?

メンズでも縮毛矯正やストパーをされるお客様はたくさんいらっしゃいますね。

なので女性だけに限らず、メンズでもくせ毛や縮れ毛、天然パーマで悩んでいる方は美容室に行くことをオススメします。

メンズの縮毛矯正の値段や施術時間は?

値段施術時間
縮毛矯正10000〜15000円2時間前後
ストパー5000〜8000円1時間前後

※カット料金はお店によって別料金
※施術してくれる人数によって施術時間も変わります

また顔まわりのみ、前髪のみなどの場合はもっと料金がやすくなり、施術時間もあまりかからないので利用しやすいですね。

メンズでも部分的や前髪だけ縮毛矯正やストパーできますか?

メンズの場合、

  • 前髪だけうねる
  • 生えグセや顔まわりだけクセが強い
  • 襟足だけハネる

など部分的にストレートにしたい人って多いですよね。

全体に縮毛矯正やストパーをかけるより、部分的に前髪や生え際だけストレートにした方がよりナチュラルに仕上がり、悩みも解決できるのでオススメです。

ブリーチした髪の毛を縮毛矯正やストパーできますか?

まずは率直に伝えると、

『オススメできません』

ブリーチをした髪の毛は、髪の毛の内部が空洞(ポーラスヘア)と呼ばれる状態になっているので、髪の毛をストレートの状態にキープできる体力が残っていいないんです。

ですが技術力が高い美容室や美容師さんにお願いすれば可能な場合もあります。

あくまで、経験値、技術力がないと99%失敗されてビビり毛や切れ毛になってしまうので注意しましょう。

ブリーチしている人は、髪質改善トリートメントなどのヘアサービスがオススメです。

縮毛矯正をしてビビリ毛になった場合

ビビり毛とは

ビビリ毛とは、薬剤などの影響により髪の毛に一定値以上のダメージ(負荷)がかかる事で起こる髪の毛の形状変化です。

手触りがゴワゴワになったり、ホウキのように髪の毛が爆発してチリチリになったりします。

ビビり毛の修復や直し方

一度ビビり毛になってしまうと元どおりには戻りません。

対処法としては

  • 傷んだ部分を切る
  • ビビり毛矯正できる美容師にお願いする

この2択しかありません。

ビビり毛を矯正できる美容師や美容室はとても少ないのが現状です。

また、ビビり毛を矯正できたとしても、一時的に手触りや見た目を回復させる事しかできないので注意が必要です。

ビビり毛にオススメの市販で買えるトリートメント

ビビり毛になってしまった時に、自宅で使えるトリートメントを3つ紹介します。

Tokioインカラミトリートメント

美容室でも人気のTokioインカラミトリートメントは、毛髪強度回復率が140%という驚異の補修力を実現した、今までにない全く新しいサロントリートメント。

Olaplexトリートメント

OLAPLEXは従来の一般的なトリートメントのように、髪の外側をコーティングするのではなく、直接髪の内側に栄養成分を送り込むことで、髪質そのものを改善します。

ラサーナ

毛髪浸透型コラーゲンなので、傷んだ髪を内側から補修してくれるので縮毛矯正をしてパサつきやすい髪をしっとりとさせてくれるしツヤもしっかりと出てくれます。

上記に挙げたトリートメントは、一般的なシャンプーやトリートメントよりもオススメできるものですが、ビビり毛を直すことはできないので注意しましょう。

縮毛矯正の持続期間(もち)や頻度はどれぐらい?

縮毛矯正は一般的には6ヶ月ほど持続すると言われています。

一度縮毛矯正をした部分は半永久的にストレートヘアのままですが、根元から新しく生えてくる髪の毛がウネっていたりくせ毛なので、6ヶ月起きぐらいに縮毛矯正をするのがベストですね。

根元の癖が強く、6ヶ月以上待てない人は3ヶ月おきぐらいがいいでしょう。

ショートヘア(顔まわり)2〜3ヶ月おき
ミディアムヘア3〜5ヶ月おき
ロングヘア4〜6ヶ月おき
縮毛矯正をかける頻度

あまりにも短いスパンで縮毛矯正をやると、髪の毛への負担が大きくなるので短くても3ヶ月、気になる部分だけは部分縮毛矯正などを利用するのもありだと思います。

縮毛矯正のやり方(施術方法)

『縮毛矯正の作業工程ってどんな手順なの?』と思う方のために、実際サロンで行う施術例を紹介したいと思います。

  1. カウンセリング
  2. シャンプー
  3. 1液塗布
  4. アイロン作業
  5. 2液塗布
  6. 仕上げ

縮毛矯正の場合、一番最初にカウンセリングをしっかりとしてくれる美容室を選びましょう。

カウンセリングが短かったり、しっかりとした情報を汲み取ろうとしない美容室や美容師だと失敗される確率が高いです。

また、1液塗布前に、しっかりと前処理剤などを使って髪の毛に栄養を与えてくれるプロセスをしてくれる美容室であればよりGoodですね。

自宅で市販の縮毛矯正を使うのにオススメ商品は?

美容室で縮毛矯正やストパーをやるより、市販の方が安いから自宅でやりたい人もたくさんいると思います。

そんな人の為にアドバイスをさせて頂くと、

【後々後悔したくないなら必ず美容室でやってください】

市販の縮毛矯正やストパーで人気のプロカリテやベネゼル

市販の縮毛矯正や市販のお薬は、どんな人にでも効果が出やすいように薬剤の力を強く設定して販売されています

なので、薬剤知識、技術力がないと髪の毛がチリチリになったり切れ毛になるリスクがとても高くなります

特にこんな人は絶対にNG

  • 過去にカラーやパーマをした事がある
  • 髪の毛が細い
  • ダメージ毛

1つでも当てはまる人は、必ず美容室に行きましょう。

コスメの縮毛矯正で髪質を改善

縮毛矯正はしっかりとクセを伸ばす為に強めのアルカリ剤と呼ばれる1液を使用するのが一般的です。

ただ出来るだけ髪の毛への負担を抑えつつ髪の毛を改善したい人に人気の酸性縮毛矯正コスメ縮毛矯正

コスメ縮毛矯正は、アルカリ剤のような強めの薬剤を使用せずに化粧品登録された薬剤なので髪の毛への刺激もとても弱いです。

酸性縮毛矯正はその名の通り、アルカリ性の薬ではなく髪の毛のPHと同じ酸性の薬剤を使って縮毛矯正を行なっていきます。

上記2つの特徴としては

  • 癖やボリュームを抑えたい
  • 髪の毛への負担が少ない
  • 髪の毛に匂いが残りにくい

今より髪の毛をを扱いやすく、ボリュームが出てしまう人は抑える役目が強いのがこれらのサービスを利用するといいですね。

アルカリ剤のように強い刺激臭もないですし、出来るだけ髪の毛への負担を減らしたい人に向いています。

縮毛矯正でボブヘアがぺったんこになるのが嫌

縮毛矯正でよくある悩みとして、ボブヘアぐらいの長さで縮毛矯正をすると、トップがぺったんこになり貧相に見えてしまう事。

トップのボリュームを出来るだけキープする為に知っておきたい方法

  • トップの根元に薬をつけないようにする
  • トップの根元につける薬を弱くしてあげる
  • 縮毛矯正ではなく髪質改善に変えてみる

縮毛矯正のように根元の状態がまっすぐになるとどうしても根元の地肌に張り付いたようにぺたんこになりやすいです。

なので、担当の美容師さんに上記の提案をしてみましょう。

そうすると、あなたの髪質やスタイルに合わせて対応してくれますよ。

くせ毛カットで縮毛矯正が必要ない場合もある

くせ毛カットという言葉を聞いた事ありますか?

このくせ毛カットとは、跳ねたりボリュームが出てしまう部分をうまくヘアカットで調整する技術の事です。

『縮毛矯正したいけどカットで何となく収まったりして欲しいな』と思う方にぴったりですね。

くせ毛カットはクセの出方に合わせて長さや毛量の調整をするので、くせ毛のカットに関する技術力、経験値がある美容師でないとできないサービスです。

どんな美容師でもできる技術ではないので、くせ毛カットだけまずはチャレンジしてみたい方は、縮毛矯正が上手な美容室で働いている美容師さんに相談してみましょう。

中学生や高校生でも縮毛矯正できますか?

中学生や高校生でも縮毛矯正やストパーはできるのか?

答えは『YES』です。

学生さんの場合、髪質の問題だけで自分に自信がもてなかったり、周りからイジメられたりするケースもあります。

なので学生さんでくせ毛や天然パーマで悩んでいる方はぜひ縮毛矯正やストパーで髪の毛を改善してみてください。

中学生や高校生にオススメは前髪縮毛矯正

初めて縮毛矯正するってなると少し怖いですよね?

そんな人にオススメなのが、前髪や顔まわりなど部分的に縮毛矯正をしてもらう事。

髪の毛の一部分だけなのでチャレンジしやすいですし、部分的にストレートにする事で仕上がりのイメージがわきますよね。

中学生や高校生が縮毛矯正をする際の値段について

基本的には、縮毛矯正は時間も使用する薬剤の量も大人のお客様と変わらないので同じ値段が一般的です。

ただし、美容室によっては、学割のある所もあるので調べてみましょう。

※安すぎるお店やクーポンサイトだと失敗される可能性があるので注意

縮毛矯正した後のアフターケア方法と注意点

縮毛矯正した後の正しいアフターケア方法や注意点って知っていますか?

知らないと、縮毛矯正した後の髪の毛がくせ毛に戻ったり、もちが悪くなったりする場合もあるのでしっかりと学んでおきましょう。

縮毛矯正した当日はシャンプーしない事

縮毛矯正した後の髪の毛は、100%完全なストレートヘアになっていないんです。空気中の酸素と結合しながら少しずつ髪の毛の内部がストレートに定着していきます。

なので、当日のシャンプーは控え、24時間、可能であれば48時間ぐらいシャンプーせずストレートの状態をキープしてあげるとGoodですね。

シャンプー後は必ずすぐにドライヤーで乾かす

シャンプー後に、タオルで巻いて過ごしたり、濡れたままの状態で過ごしたりするとNG

濡れている髪の毛は、髪の毛が傷つきやす状態になっているので、冷暖房、摩擦など様々な刺激により髪の毛が痛みやすくなります。

傷んでしまうと髪の毛をストレートにキープする力が弱くなるので、シャンプー後は必ずすぐに乾かすようにしましょう。

アミノ酸シャンプーなど洗浄力の弱いシャンプーを使う事

市販などでもよく売られている泡立ちの良いシャンプーは、高級アルコール系シャンプーの部類に入るものが多く、洗浄力が強いので髪の毛へのダメージに繋がりやすくなります。

縮毛矯正した後の髪の毛は、見た目は健康的に見えますが髪の内部的にはダメージが蓄積しているので、髪の毛に優しいアミノ酸シャンプーなど使用してあげるといいですね。

ストレートアイロンの使いすぎに注意

縮毛矯正した後も、スタイリング時にストレートアイロンを毎日使用している人は注意が必要です。使用するときは、熱保護してくれるオイルなどを必ず使用してから使いましょう。

ターバン、帽子、ピンやポニーテールを控える

ターバンや帽子、ピン留めやポニーテールは髪の毛に変なクセがつきやすくなる原因です。長時間は控えたり、毎日使用している人は極力控えるようにしましょう。

縮毛矯正によくある質問Q&A

縮毛矯正の仕上がりをナチュラルにできますか?

縮毛矯正でよくある仕上がりとして、毛先がピンとまっすぐになりすぎる事ですよね。

上手な美容室では、柔らかい仕上がりになるようにアイロンで丸く仕上げてくれたりカットで工夫してくれるので上手な美容室を選びましょう。

縮毛矯正した髪の毛にオススメのヘアオイルやトリートメントありますか?

縮毛矯正した髪の毛はアルカリ剤やアイロンの熱処理によりダメージをしています。

そんな髪の毛には、Tokioインカラミトリートメント、Olaplex トリートメントなどがとてもオススメです。

顔まわりやクセが強い部分だけ縮毛矯正することできますか?

『全体に縮毛矯正するのではなく、前髪や顔まわりだけストレートにしたい』っていう人とても多いですよね。

実際に美容室でも部分縮毛矯正で来店するお客様はとても多いので、気軽に予約してみましょう。

ショートヘアでも縮毛矯正できるんですか?

ショートヘアでもクセが強い人の場合は、ある程度の長さがあれば縮毛矯正ができます。

またアイロンを使わないストパーや、薬剤の力とブローのみでクセをまとまりやすくするサービスもあるので、ショートヘアの人は自分に合ったメニューを相談してみましょう。

低温度のアイロンを使った縮毛矯正って何ですか?

使用するアイロンの熱を低温度でストレートにする事で髪の毛への負荷を最小限に抑えることができます。

クセが弱い人やすでにダメージがある髪の毛に効果的な方法ですね。

縮毛矯正した髪の毛を綺麗な状態でキープするための方法は?

髪の毛をできる限りストレートの状態にキープしておくことがとても重要です。

施術後は48時間は結んだりピンで止めないようにする事や、シャンプー後の濡れた状態で放置しないようにすぐに乾かすことも大事です。

ピンやポニーテール、帽子かぶったりする行為も髪の毛にクセがつきやすいので注意が必要です。

痛まない縮毛矯正やストパーはありますか?

髪の毛を出来るだけ痛ませたくない人は、縮毛矯正より髪質改善トリートメントなどのメニューがオススメです。

ですがクセが強い人は、縮毛矯正でないとしっかりとストレートに伸ばすことができないですね。

岐阜市で縮毛矯正が上手な美容室のまとめ

いかがでしたか?

縮毛矯正やストパーについて詳しくなることで、自分の髪の毛を今までよりもっと大切に扱うことができるし、担当してもらう美容師さんとのカウンセリングもスムーズになると思います。

これから縮毛矯正やストパーをしようと思っている人は、自分の髪の毛を大切に扱ってくれる美容室を探しましょう。

そして、自宅でのヘアケアもしっかりとしてあげることで綺麗な艶のある美髪をキープできますよ。